山陰満喫パス

2名縛りさえクリアできれば

2012年、周遊きっぷを廃止した罪悪感からか、
はたまた神話博しまねのおかげか、
JRではかなり使い勝手が良い切符を発売していました。

 

その最たるものが山陰めぐりパス。
鳥取・島根県内の特急
(自由席)に4日間乗り放題で、
往復は新幹線を含む指定席に乗れて、それでジャスト1万円。

 

大阪〜出雲市の片道(さくら+やくも)より安いって・・・

 

 

ただし多少条件もありました。

 

2人以上で、かつ同一行程に限る。
■片道は必ず鳥取経由(新幹線不可)にせねばならない。

 

この2つを満たすことが出来れば
かなり使い勝手が良く、2012年は使いまくってました。
※が、現在は50歳以上でないと購入できず。

 

縁結びパーフェクトチケットが
松江・出雲をくまなくカバーするのに対し、
こちらは広範囲を広く浅く回りたい人に適しています。

 

トロッコ列車や石見銀山、
砂丘に至るまでカバーできます。
(津和野は島根県なのにぎりぎりアウト。
益田から別払いですが、大した距離ではないです)

 

 

で、なんで今は買えない切符を
こんなに詳しく解説しているのかというと
この切符のフリーエリア部分だけを
2日間4000円で乗れるバージョンがあるんです。(山陰満喫パス)
これは2014年の夏でも発売されています。

 

こちらは自由席onlyなのに、
なぜか前日までに購入が条件。
5489でカード決済しておけば当日受取可

 

あと2名以上同一行動という縛りは健在。

 

とは言えトロッコで出雲市〜三井野原を往復すれば
それだけで3000円超えますから、鳥取も寄るなら
コスパ的にはかなり優秀なんですけどね。

関連ページ

縁結びパーフェクトチケット
米子空港から連絡バスに乗る方や一畑電車、日御碕や松江の神社めぐりをしたい方にはこの切符がオススメです。米子空港往復と松江しんじ湖温泉〜平田市を往復するだけで元がとれてしまう値段なのに、色々なバスに乗れます。