一畑電車 運用

狙って乗りづらくなったが

一畑電車の車両は基本的に京王のお古。
(南海のお古もあるのですが、
既に50年近く走っているので、
近く東急のお古に交代するそうです。)

 

ただ車内を改装している車両があるので
外見は同じでも塗装と内装は
各車両によりかなり異なります

 

で、このロマンスカー車両ですが、
なんでロマンスカーと呼ぶかといいますと…

 

 

かつて小田急電鉄の特急として
走っていた車両の椅子を取り付けたから。
(ちなみに正式名称ではないです。
勝手に私がロマンスカーと呼んでるだけw)

 

小田急の特急は結構な別料金を取るので、
リクライニングシートではないものの
座席の作りはかなりしっかりしています。

 

特に座布団部分のスプリングが絶妙で
超絶揺れる一畑電車の縦揺れを
見事に吸収してくれる
、素晴らしい乗り心地です。

 

(※)ちなみに1人がけの方は、別のシートです。
新しい感じですが、関空快速と大差ないかな。

 

 

このロマンスカーシートの車両は
遷宮前までは主に特急や
急行として走っていた車両です。

 

それだけ特別扱いだったんですけど、
出雲大社ならではの演出を施した
車両が観光客には受けるのでしょうか。

 

残念ながら2014年になって
居酒屋電車や、私の嫌いな猫電車に
取って代わられ、地味な運用に付いています。

 

いつ来るかわからないので、乗れればラッキーですね。
(運が悪いと一日中平田駅の車庫にいますorz)

関連ページ

居酒屋電車
個人的には一畑電車の中でこれが来れば一番の当たりではないかと思っています。リクライニングシートもあるし、宍道湖に向かって座席が配置されているので景色も見やすく、飲み物をおけるテーブルも付いています。
木目調電車
これは2014年になって改装された車両なのですが、水戸岡っぽい車内ではなくシートがしっかりしていて個室感覚が味わえます。多少圧迫感はありますが、料金不要でこの車両にのれてしまうのは驚きです。やはり何時頃来るか特定できないのが残念。