持田屋旅館 女将

試練の果てに

試練というのはいつもぎりぎりのところでクリアできるようです。
まるでRPGゲームのごとく、仕組まれています。
そこに神の意図を見出す方もいるかもしれません。

 

というわけで、ようせいさんは無事この試練を克服し、
一回りパワーアップして帰ってきました。

 

一時期はかなり痩せてしまって、
どうしたものかと心配しましたが
猫やリピーターの方々の助けもあり
ホンマに極限状態一歩手前で復活した感じです。

 

 

ようせいさんはなんだかんだ言って強いので
今までは自分一人で何でもやってしまいました。

 

でも強い人って神仏への畏敬の念や
人の力を借りることの大切さ&ありがたみを忘れがちです。
だから運気が失われやすい傾向があります。

 

しかしようせいさんは今回心身ともに衰弱し
結果として多くの人に愛されていることに気づき
先祖や神への感謝も思い出すことができました。

 

確かにくそオヤジを失ってしまったダメージは
そう簡単に癒えるものではありませんが、
彼も全身でようせいさんの成長に貢献してくれたのです。

 

ようせいさんがそのことに気づき、
真に他力運を活かせるようになった時
ようやくようせいさんのこれまでの苦労が
形となって報われる時が来るでしょうね。

 

 

さすがに60年以上我流でやってきたので
表面的には相変わらずやかましく口うるさく
おせっかいだとは思いますけど・・・w。

 

でもその口うるささの裏にあるのは
旅館を訪れた人に幸せになってもらいたいという想い

 

それに気づいてくれた(心の広い)人は
知らぬ間にようせいさんのファンになるはずです。

関連ページ

時代の波に逆らい
今でこそ婚活だの少子化対策だのあれこれ騒がれていますが、ようせいさんが若かりし頃そんな問題は起こりうるはずもありませんでした。それゆえ、ようせいさんにとってはかなり生き難い時代だったはずです。
転機
持田屋旅館のメインの客層が不景気でいなくなった時が一つの転機でした。クライシスは危機とも転機とも訳されますけど、ようせいさんは見事クライシスを転機に変えることができたのです。
新たなる試練
2013年はようせいさんにとって第二の試練ともいうべき年になったようです。今回は精神疲労と肉体疲労というダブルの面でダメージを受けてしまい、ようせいさんはもう旅館を続けられないくなるのではと心配になったほどでした。